京の老舗、木村卯兵衛 木村卯兵衛株式会社
京都市上京区大宮通元誓願寺下る北之御門町568







木村卯兵衛のものづくり


西陣織という京都の伝統産業。

伝統とは革新の連続です。。
伝統の文様や技法を大切にしながらも、それらをどのような形で
現代の着物として表現していくのかが大切です。

変わらないものと変わっていくもの、
変わってはいけないものと変わるべきもの。

当社の家訓は「永代不易-えいたいふえき-」永遠に変わらないという意味です。
西陣織の本質の部分を変えずに表現方法を時代に合わせて変化させるという意味合いです。
当社ブランド[篠屋卯兵衛]にはその思いが集約されています。

今の時代の着物、今の時代だからこそ作れる着物とは。
そんなことを考えながら、日々ものづくりをしています。



ニュース&イベント
2022 TOKYO KIMONO COLLECTION
キモノショー開催決定



2022年11月6日(予定)  場所:東京都内

篠屋卯兵衛ブランドとして2回目のキモノショー
詳細決まり次第HP上でお知らせ致します。


キモノイスト2021授賞式


2021年11月9日  目黒・八芳園にて開催

9名の著名人が受賞されました。
当社は早乙女太一さんに着用して頂きました。



キモノイスト公式サイト
2021 TOKYO KIMONO COLLECTION

2021年10月23日  東京国際フォーラムにて開催

篠屋卯兵衛ブランドとして初めてのキモノショー。


youtube [織物のある暮らし]


西陣織の制作には多くの職人さんが携わっていて多岐にわたる工程があります。
西陣織ってどうやって作っているのかを皆さんに知ってもらいたいと思いで動画を作り始めました。

糸、染、図案、織組織、手織り、機械織り・・・。
複雑なものづくりですが少しづつ紹介していけたらと 思っています。




>







Copyright ©KIMURA UHEI All Rights Reserved.